「古医道セミナー」は、一般では習得できない「神道学と医道」を学ぶセミナーです。
古典と合わせて、江戸時代中期に提唱された「古医道」を現代の健康法、代替療法に活用できるように指導しているのが「古医道セミナー」になります。
このセミナーでは呼吸療法の応用などを取り入れた伝承医学の講義実習を行うと共に、心身療法の指導も行っています。

古医道と関わりある格言に「病は気から」「気軽ければ病軽し」「心の病は医師難し」と心身療法の言葉が残されています。古医道の精神的対症法は、今日の心身療法として活用できます。

※ 息吹呼吸法道場「楽古舎」では呼吸法指導員を養成して、各教室を開設して頂いております。開設時に 当たってのアドバイスも指導。
① 教室開設場所については自宅、公共機関(公民館、体育館等)を使用。用具は必要としません。
② 各種療法開業者にとっては代替療法に応用。施術後のケアーとしての指導として活用。
③ 教室開設は集客方法の一つになります。更なる治癒指導が出来ます。
④ 指導員となる為にはセミナー受講が必要。
* 「息吹呼吸法」は商標登録されていますので、セミナー受講生で「楽古舎」が許可した人以外使用する事が出来ません。

 

平成29年度15期生古医道セミナー募集

「楽古舎」
   桑名道場

11月18日(土)午前10時~午後4時

東京教室 11月25日(土)午前10時~午後4時
人数 10名
受講料 1単位:20,000円 (1日1単位×7日)
修了者特典 修了証授与 修了された受講生(全単位取得者)には、当道場発行の修了証を授与。修了証と共に、医薬三祖神の木札(直筆手製)、直筆「楽」の色紙、「能古曾神習」の短冊、五色御幣(祈祷済み。全て印刷でなく、当会製作の直筆で、他では頒布していません)息吹療法をマスターされた方への当会からの証明です。

  

*、開催される第1回から毎月、伝承療法による手技療法実習を行います。伝承療法については、下記掲載の「からだにやさしい伝承療法」を参考にしてください。

単位
講義(午前の部)
実習(午後の部)
第1回

[神道学と古医道]
・古医道入門
・わが国の古伝療法、健康法
・古医道の起こりと歴史
・神道に見る古代医療用語

[古医道における古伝療法]
・呼吸法、波動法、言霊学と発声法
 霊動法、水治療法、温熱療法
・九粗五汁の排泄作用
伝承療法実習「骨格筋系統」

第2回

[古医道からみる呼吸療法] (呼吸法)
・呼吸法と導気法
・呼吸法と合わせた免疫細胞療法
・呼吸法と合わせた心身療法
(呼吸法と体の仕組み・呼吸法からみる心理状態)

[息吹呼吸療法の施術法と応用](導気法)
・呼吸法と合わせた導気法のやり方
・心理的な導気法のやり方(月輪観・実相観)
・呼吸法による呼吸療法
伝承療法実習「気管支系統」
第3回
[ムスビ学理論](波動法)
・呼吸法と用気法
・気によるムスビの働き・神とムスビ学
・細胞とムスビ学
[波動法の応用](気穴療法)
・気の働きと活用 
・癒手法の種類
・気穴療法と神穴
伝承療法実習「内臓器官系統」
第4回
[言霊学・発声療法](霊学)
・言霊学の妙用
・言葉による心理
・言葉から生まれる病気
  (言葉に反応する内臓器官・内臓器官の呼吸法)
[体に響く言葉の働き]
・体への振動共鳴の響き
・発声と身体の関連レッスン
・発声トレーニング 

伝承療法実習「泌尿器系統」

第5回
[振動法](振動医学)
・わが国古伝の振動法
・霊動法とミタマフリ行法
・振動療法の効用
[振動行法](霊動法)
・鎮魂行法(ミタマフリ行法)
・振動とゆらぎ
・霊動法と自発動
伝承療法実習「神経系統」
第6回
[古医道と心理療法] (心の働き)
・「心と病い」の心理学
・健康と予防学(養生)
(健康を阻害する感情・感情を抑える対処法)
[陰陽五行説の応用](陰陽学)
・数理と陰陽五行説(数霊)
・易学と心理療法(医易)
・陰陽と五行説の食材
伝承療法実習「生活習慣病」
第7回

[心身療法の指導](心身療法)
・精神衛生法としての日本伝承文化
(心学と神学・“今”を生きる生き方)
・深層心理・・心を覗いてみる
(病因となる心理)

[和方薬草と民間療法]
・和方薬草としての野菜並びに食材
・和方による民間療法
伝承療法実習の総括

 

医療科学の発達から、昔行われていた自然療法、民間療法が置き去りになっていましたが、現代社会の不安と合わせて、自然回帰の考え方から本来の自分自身を見直す機運となってきました。自分の体に合った優しい治療法、家庭で直ぐできる手短な対処できる民間療法を現代の人達にも理解して頂くために開設致しております。
現在でも大いに役立つ知識、教養が豊富に含まれています。健康法、予防医学を学ぶと共に、民間療法として家庭医学に大いに活用ができます。医薬療法にかかる前の家庭での予備知識として覚えられていると便利です。

*、これからは健康維持の「予防医学」の時代です。昔は「養生」に努めていました。
日時

○、京都会場
「日時」 1月21日(日) 午後1時~4時
「場所」 護王神社 (京都御所前)
○、東京会場
「日時」 12月16日(土) 午後4時30分~7時30分
「場所」 ジェリコ 東京都港区赤坂溜池山王
      電話03-3584-5042番

会費 3000円
定員 30名

内容

健康維持は食事なる内からの栄養と気血を促す外部からの補助によるものとの見解から、毎回、開催の度毎に病名、症状を替えて、その病気になる原因、体の変化を講義で説明。その為の対処療法を実習指導。病気に会った家庭にある食材で作る食事療法。
*、「講義」=病名とその病気となる原因を心身からと 社会、家庭環境などから解説。
*、「食事療法」=家庭で作る食療法。病気に合わせた食事の紹介。薬草である山野草は現代人には見分けが難しいので、直ぐ対処できる台所にある食材での調理法を説明。
*、「代替療法」=各症状にあった伝承療法による手技療法、呼吸療法、振動療法、発声療法、気穴療法(ツボ療法)などの処方。

筆記用具持参、動きやすい服でご参加ください。

 

 中国気功にも取り入れられた霊動法。霊動法は古代より我が国に伝えられた、現代版の気功術、整体術の原点です。霊動法こそ我国の縄文時代より伝わる「医療呪術」なる古代医療だと思います。律令国家となると「皇朝医道」として秘されます。現代にドイツで言われる処の「バイオレゾナンス」なる振動医学は、既に我国では古代から行われていたのです。
戦前では治療家、医者の中でも、「霊動法」を習得された人が数多くおられす。その中の一人で今は故人となられた人から「霊動法」の称賛と伝承のお言葉を頂いております。
 石上神宮の鎮魂行法はそれらしく形式のみを指導しています。実際には、自然に体が「布留部由良由良と布留部」と揺れて自然発動を起こし振動していくものです。振動が即ち「振るべ」「振る」「振れ」という事です。自らの体が自然に振れる事が大切であり、古代における「振動医療」となりうるのです。振動医療なる霊動法は「バイオレゾナンス」として現代医療にも大いに活用されていきます。
[効 用]
○、滞っている瘀血をなくし、気血の流れを促す。
○、健康状態を回復させる。
○、気力、胆力を鍛える。
○、体内の気を高めて生命力を充足させる。
○、心身の鬱積をなくし、心身共にさわやかとなる。「気軽ければ病軽し」。
○、心身療法、内臓疾患などの代替療法に活用。
[実 習]
+、発声バイブレーション
+、自発動バイブレーション
+、受動法バイブレーション
 実習をこなして行く中に手先に熱いものを感じてくるようになり、微動に手先、体が揺れてきます。やがて、体が激しく揺れて飛んだり跳ねたりして来ます。
 「整体」の創始者野口晴哉もこの霊導法をもってして修業したとされています。
 霊動法には自発動と受動法があります。健康志向の人には受動法から入られたがよいです。気を高められたい人、気功家、代替療法を行っている人は自発動をお勧めします。
[道場の案内]
「場 所」 楽古舎道場
「日 時」 不定日 午前10時~午後4時 随時受付。来場依頼者と日程調整
「費 用」 10,000円
「準 備」動きやすい服着用。女性はズボン着用(着替えはできます)。
*、来場者は希望の日時を予約してからおいで下さい。

*、霊動法動画は「楽古舎ユーチューブ」に掲載しています。気の波動によって、ローソクの炎が左右横に揺れるでなく、伸縮の上下運動をしているのが分かります。
*、古神道行法では、気の気配を感じるものに火、煙、水、湯等を使用します。

 

せわしい混沌たる社会世情において、自らの心をどこに置くか、自らが“いま”を如何に生活していくか、を知る上に大切な教えである茶道の真諦を学び、わが国に伝承されてきた精神訓話、古典教養、民族文化を学ぶ講座。
例会では、日本文化とその精神に触れる講話を毎回お話させて頂いております。
(日 時) 毎月1回 午後1時~4時。参加者は都合の良い日においで下さい。
*、9月7日 
*、10月5日
*、11月2日
*、12月7日
(会 費) 1000円(茶菓子料)
(次 第) 清祓式・息行法・清心静座(瞑想)・茶点前・茶を喫す・講話

*、

普段着で誰でも参加できます。参加は自由。

*、

講話内容-茶道から学ぶ日本人の心―人生訓話、神道学、民俗学、古医道学、東洋思想学。

 

☆ 講義・行法内容を知りたい人はご連絡下さい。案内状をお送りいたします。
   

※お申し込み・お問い合わせは「楽古舎」 

0594-21-5921 まで

お急ぎの方は携帯電話へご連絡ください。

090-8552-5921

メールでのお問い合わせはこちら>>