Spiritual art   水墨画と一弦琴
黒と白の水墨画の世界を愛し、一本の絹糸の一弦琴をつま弾く現代の文人画家

東洋には雲気形象を表すものに「水墨画」があり、「知音」の諺の出典のように目に見えない精神世界を音で表すものに「琴」があります。
この両者には、墨画に高雅な精神を表す「気韻生動」、琴学に弦外の音を楽しむ「琴外趣」という言葉があり、この言葉に通いあうのは「造化の究極」です。自然の中から「神」を見出し、それを表現するのが芸術であると言われ、そのことから芸術は宗教の母と言われています。
そこで、私は神主の傍ら若かりし頃、私の心に宿った目に見えぬとも確かに存在する何かを表現するために「水墨画」と「一弦琴」を習いました。これからも「水と墨」「黒と白」にこだわりを持った墨画創作活動を行い、日本人の心の底に流れている「やまとごころ」なる「もののあはれ」を弾き語って行きます。

 

はがき大(付マット) 255×200 定価2000円
机上、壁掛けとしてご利用できます。

 
     
 

色紙 270×240 定価3000円
人生訓を主に描いています。

 
     
     
 
     

額入り 330×240 410×320 450×370 
定価20、000円~50、000円
心象画。結びをテーマに書いています。

 
     
     
   
 
   

古典絵画 30号 50号 100号 定価50、000円~
神話、古典から抜粋した絵を主に描いています。

 
     
   
 
 
   
     

掛け軸 790×450 定価50,000円~
掛け軸は「龍図」の依頼が多いので「龍図」のみ仕上げています。運気上昇にお求めください。ご希望の絵柄がありましたら連絡下さい。

 
   
     
※水墨画の購入希望・お問い合わせの方はこちらまで
お電話: 0594-21-5921 
メールの方はこちらよりお願いします。